<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016

気がつけば一年ぶりの更新だ(笑)

昔はネットばっかやってたけど、世の中の流れと逆を行っている・・・。

もちろんタブレットで決まったページだけは毎日覗いてますけどね。

 

まず2016の華原朋美さんはシングル1枚リリースでした。

でも山猿さんとコラボ、THE ROSEsに参加、

ザ・ピーナッツのトリビュートに参加と実はそれなりにリリースしてたりします。

コンサートでも未発表の新曲歌ってくれました(いつリリースだろう・・)。

 

2016はライブにいろいろ行きました。

朋ちゃんライブは余計な演出がなくて歌で聞かせてくれて、

(ただ単純に準備時間の関係だけかもしれませんが・・・競馬やってますし)

個人的にはいきなり朗読したりダンスしたりするよりはこっちのほうが好きです(笑)

ただいつも歌う曲がほぼ同じなのでそろそろいろいろ歌ってほしいです・・。

 

あとは秦 基博さんのアルバムツアーと10周年ツアーにも行きました。

完全にはまってますね、うん。

初のフェス参加ではアジカンやレキシ、ウルフルズ、スペアザ、pillowsとかも見れました。

アジカンとレキシが良かったのでアルバム全部購入orレンタルしたし(笑)

 

今年も一応2016年に気に入った曲も書いときます。

昔と違ってほとんどは決まった人しか聞かなくなっちゃったかな。

 

ということで。*はシングルA面です。

 

ベスト楽曲→

終わりのない空(秦 基博)

 

ベストアルバム→

ソルファ(2016)(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

 

その他のとくに気に入った楽曲→

reunion(back numberと秦 基博と小林武史)

スミレ(秦 基博)

Re:Re:(2016Single Ver.)(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

君の街まで(2016Ver.)(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

君がそばで(華原朋美)

夏の罪(鬼束ちひろ)

砂の塔(THE YELLOW MONKEY)

さらば涙(ケツメイシ)

Theme(松室政哉)

Beautiful World(V6)

 

 

次の更新はいつでしょう・・まぁ誰も見てないかもしれませんが(笑)

 

 

ありのままで
祝日ですね。
しばらく仕事を休めないので体力を使わず家でゆっくりしています。
いろいろあって新年度までバタバタなのです。

さて、朋ちゃんのアルバムとDVD&Blue-ray発売されました。
コンサートBlue-ray買いましたが、自分で見に行った公演だったので素直にうれしかったですね。
今年も20周年だしライブ行きたいなぁ!
最近なにかの歌詞書いたり、レコーディングしたりしてたみたいだけど、新曲出るのかなとかなり期待しております!!

そして、前もちょっと書いたけど最近は妙に洋楽ブームが来てます。
Linkin Park「New Divide」「Easier To Run」、Bruno Mars「Just The Way You Are」、Mark Ronson feat. Bruno Mars「Uptown Funk」、BackstreetBoys「Inconsolable」「Any Other Way」、Joe「No One Else Comes Close」、BoysMen「On Bended Knee」、Eric Benét「Chocolate Legs」、Simple Plan「Crazy」あたりよくリピートしてるかな。Linkin ParkとSimple Plan以外はゆったりめが多いですね。

あとはこれも前回書いたけど秦基博さんもかなり聞いてます。鉄板だけど「アイ」はほんと名曲ですね。「初恋」「今日もきっと」「Dear Mr. Tomorrow」「Lily」とかも好きです。「ひまわりの約束」のときはブームに乗り遅れてたけど、なぜかこのタイミングでものすごいはまっております!笑

他には加藤ミリヤさん「Last Love」、CHEMISTRY「Point of No Return」、AK-69「THE RED MAGIC」、HY「Song for...」、福山雅治さん「Squall」、Rihwaさん「Last Love」(加藤ミリヤさんと同じタイトルだけど偶然ですw)、安室奈美恵さん「Love Story」、Mr.Children「空風の帰り道」あたり多いかな。

最近ほんと出勤のときと家にいるときはずっと音楽聴いてます。やっぱいいね!最近はYoutubeとかで気軽でいろいろ音楽聞けることもあって、ランキング上位でも知らない曲が多かったり、みんなが同じ音楽を聴くことも少なくなってきたのは残念だけど、こうやって好きな曲をすぐに聴けるのって幸せだなって思いました。

最近同じことばっか書いてるけどまぁいいでしょ、うん。
高く高く響く思い出がある
最近は朋ちゃんネタばっかりだったので、たまには他の話題でも。

最近よく聞いているのは星野源さんです。
最近はネットでダウンロード購入が多いので、配信していない星野さんはなかなか聞く機会がなかったのですが、12月の終わりに配信していないアーティストのCDをまとめてレンタルして、その時に「知らない」を聞いたところ何だか引き込まれてしまい、今年に入ってからそれ以前のCDも全て聞きました。シングル曲はどれもいいですし、カップリングやアルバム曲も独特の世界観がいいですね。ハスキーボイスも好きです。
今はお休みされてますが元気に復帰されることを願ってます。

あとはサカナクションです。
レンタルしているCDは全て聞きました(シングルカップリングは少し聞けてないかもしれないですが未確認です)。
こちらもまた別の独特な世界観があるのでおもしろいです。
もともと気になったのが、おととしに海外旅行に行ったときの飛行機の中で「『バッハの旋律を夜に聞いたせいです』」のPVを見たときですね。
すごく中毒性のある頭から離れないあの感じが残っていて、それから他の曲も聞いてるうちに気になり始めました。

あと、きゃりーぱみゅぱみゅさん。職場で仲良い人が聞いていたことから気になってはいましたが、昨年の「ファッションモンスター」ではまりました。最近出た「キミに100パーセント/ふりそでーしょん」はこれまでの曲に比べればあまり好みではなかったですが、やっぱり個性的なあの感じは好きですね。最近は昔から好きな人を除いてあまり女性で好きな曲が出てこないので(ここ7〜8年ではPerfumeとJUJUさんぐらいかも。)久々にアルバムまで聞いてる人かも。

こうやって考えてみると、最近は独特というか個性的というか、自分の世界を持ってる方が好きみたいです。

最近好きになったとはちょっと違いますが、モー娘。の新曲も結構聞いてます。新メンバーの声好きです。
あと、紅白見てからももクロの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」も結構はまりました(笑)
SEKAI NO OWARIの「スターライト・パレード」もレコード大賞で聞いてから今更ながら良い曲だな〜と。

あと、もはや懐メロと言われちゃうのかもしれないですが、THE YELLOW MONKEYって良い曲いっぱいあったんだと改めて最近シングルコレクションを聞いてます。

まぁそんな感じです。
「粉雪」

#32 「粉雪」 CURIO

1998.01.14

粉雪

CURIOの4枚目のシングル。いまやレミオロメンでおなじみのタイトルですが、こちらも名曲です。バンド自体はいろいろありましたが・・・。ストレートなメロディーと歌詞、ハスキーな声とすべてが切なさを引き立てていて、この季節にぴったりです。失恋ソングなので人によってはさらに切なく聞こえるかもしれません笑。雪、雲、雨、風・・・といろんな天候表現(?)を使ったきれいな歌詞が好きです。

「identity」

#31 「identity」 今井絵理子

2001.03.07

identity



久々の更新となってしまいました。

ロックが歌いたいと直訴してできあがったというソロ4thシングル。10代で自分の存在意義とかを歌い上げるところがすごいですが笑、これから生きていく中で自分に言い聞かせていくという意味合いもあったのかなとも感じます。そのぐらい力強い歌声と歌詞ですね。今もソロ活動も並行しているようですので、どこかでこの曲披露してほしいです。

「勿忘草」
#30 「勿忘草」 柴咲コウ

2003.09.03

思い出だけではつらすぎる


4thシングル「思い出だけではつらすぎる」のカップリングで、アルバム「蜜」にも収録されている曲。ポッキーのCMの曲だったと思います。とにかくメロディーラインがきれい(というか好み)なので単純に好きです。柴崎コウの歌詞の世界観も好みが分かれるタイプだとは思いますが、個人的にはかなり好きで、この曲の歌詞も独特の世界観があるので好みです。言葉選びがうまいと思います。アレンジもオープニングのシンセの音とかストリングスとかが良い感じです。
「君を忘れない」

#29 「君を忘れない」 松山千春

1996.04.20

君を忘れない

ドラマ「みにくいアヒルの子」の主題歌となった39thシングル。親が好きで小さいころよく聞いてました。しゃべりのイメージが強いですが(自分だけ?)、今になって歌のうまさにひかれて、最近もよく聞いてます。この曲は歌詞がすごく深いです。「君から教えられた 自分自身愛するように」とか、ありそうでない歌詞だと思います。

「冬のファンタジー」
#28 「冬のファンタジー」 カズン

1995.10.16

冬のファンタジー


いとこの男女ユニットという珍しい2人組カズンの3rdシングル。曲名がまさにずばりという感じの曲です。壮大ではありますが、どこかアットホームな感じの雰囲気もあって、すごく心地よいです。2人とも本当にストレートな歌い方なので、聞きやすいというのもあると思います。これからの季節にぴったりのおすすめの曲。
「微熱」
#27 「微熱」 川本真琴

2000.01.21


微熱



川本真琴の6thシングルで、TBSドラマ「恋の神様」の主題歌でした。それまでの「1/2」や「桜」のような早口で駆け抜けるような曲や、「ピカピカ」のような不思議な雰囲気の曲とはある意味で一線を引いた、シングル曲では一番耳なじみの良い曲なのではないかと思います。でもそれでも川本真琴らしさというのが歌詞や歌い方からも感じられます。とくにAメロのオリエンタルというか、民謡っぽい(?)というか、すごく秀逸なメロディーだと思ってます。リリースペースは遅かったですが、そのままゆっくりでも活動続けていってほしかったですね。でも事務所は離れても今も活動は続けていますので、見守っていきたいと思ってます。


1週間ぐらい風邪がなかなか治らずでした。今年の風邪はしつこいタイプっぽいです。
「幸せのものさし」
#26 「幸せのものさし」 竹内まりや

2008.05.21

幸せのものさし


ドラマ「Around40〜注文の多いオンナたち〜」の主題歌となったシングル曲。世代はまったくアラフォーではない自分ですが、このドラマ結構好きではまってたので、イントロを聞くとなんだか懐かしくなります。個人的なことですが、実は今結構迷ってることがありまして、「どんな道を選んだとしても 悩みの数同じだけついてくる」とか「何を取って何を諦めるの」とか、この歌詞が結構響いていたりします。アラフォー以外にも人生の岐路に立ってる人には個人的にはおすすめしたい一曲です。
| 1/4PAGES | >>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Design & Material: ***
管理者ページ/ RSS1.0/ Atom0.3